8月のテーマ

 
8月のテーマは「ポゼッション」を設定します。

非常に深いテーマですが、フットボールの根本的な「幅と深さ」に加えて「フェイク」と「ライン間」を予定しています。



団子サッカーになる最大の要素はボールと自分の関係のみで判断していることです。

それがスペースを見て2人の関係、3人の関係を意図して作れるようになることで、

ボールを失わずに展開できるようになります。



フットサルではゴールを狙うために様々なポゼッションのパターンがあります。

フェイク、ケブラ、エントレリネアスなどの個人戦術から、

ワンツー、パラレラ、ジャグナウなどの2人の関係、

エイト、ヘドンドなどのチーム戦術にいたるまで様々です。

全てスペースを作る動き、そのスペースを使う動きです。

これらはフットサルだけでなく、当然サッカーにも活きる戦術です。



そのポゼッションの中から、導入として幅と深さを作るためのポジショニングをトレーニングします。

また、パスを受けるための個人戦術であるフェイクとライン間を狙うトレーニングもします。

子どもたちにはパスコースを作る動き、

さらには何故そこにポジショニングするのかを常に考えてもらう内容になります。





8月は夏休みまるまる体験キャンペーンの参加者も複数おられます。

無料体験も夏休みまるまる体験キャンペーンも随時募集しておりますので、

夏休みの時間を活用して、是非プラセール・フットサル・スクールを体験してください。