フットサルクイズ②

 
今年度も今月末にバーモントカップ香川県大会が始まります。

以前は出場チームが多数あり、香川県内でも予選が開催されていましたが、

近年は出場チームが減少していることが残念でなりません。


フットサルがサッカーのトレーニングとしても有効であることは

サッカー先進国が証明しているし、

アジアでもその重要性を理解してフットサルに注力する国が増えています。


日本も以下の観点から8人制だけでなく少人数制のフットボールを推奨しています。

○ 一人ひとりのボールタッチ数
○ ゴール前の状況の発生頻度
○ 全員が常にプレーに関わる








上記のメリットをさらに強くするために、

15才以下のフットサル競技規則には特別なルールが設定されています。


それは要約すると・・・

ゴールキーパーが自分のハーフ内から手で投げるもしくは蹴ったボールが、ピッチまたは競技者に触れることなく直接ハーフウェーラインを越えると、相手側チームに関節フリーキックが与えられる

というルールです。


つまり以前散見された、リスク回避のための投げ合い、蹴りあいによる

フットサルの長所を損なわないためのルールです。








そこでクイズです。

ゴールキーパーからのボールは直接ハーフラインを越えられません。

このルールを活かすために、どのような戦術が有効でしょうか?

この答は簡単だと思います。


続いて、その戦術をされた時にどう対応すればいいでしょうか?

この部分はフットサルの醍醐味の一つといえます。



少し難しい問題ですが、考えてみることが成長のきっかけになります。

ぜひ考えてみてくださいね。





「フットサルクイズ②」の続きを読む

フットサルクイズ①

 
常日頃、スクール生一人ひとりともっと話したいと思っています。

私の方からたわいもない話を持ち掛けたりする場合も多いですが、

スクール生からスクール以外の場所での話を聞かせてくれる機会が多々あります。

スクール前とかスクール後の数分ですが、私にとって楽しみな時間の一つです。





そこで、一人ひとりとコミュニケーションを深めるため、

また、もっとフットサルを好きになってもらうため、

さらには子どもどうしのコミュニケーションを深めるため、

それらのきっかけとして不定期にフットサルクイズを出すことにしました。



① このブログでフットサルやサッカーに関わるクイズを出します。

② スクール生に考えたり調べたりしてもらいます。
  (強制ではありません。このブログを見て、興味を持って、時間があればで大丈夫です。)

③ スクール時にクイズについてコーチに声をかけてください。
  スクール生同士の会話のきっかけにもしてもらいたいです。

④ 数週間後に回答をブログ該当記事の「続きを読む」に記載します。








それでは第1回のフットサルクイズです。


AFCフットサル選手権2018が終わりました。

フットサル日本代表は決勝戦まで勝ち上がりましたが、

アジアNO.1のイランに負け、準優勝で終わりました。


日本代表の全試合はBSでテレビ放送されたので、

観戦したスクール生もいたようで嬉しいです。



放送ではアナウンサーや解説者がフットサル用語を話していました。

日本ではフットサルを日本に伝えたブラジルの言語であるポルトガル語で表現されています。

各ポジションの名前もサッカーとは違う呼び方になっています。



その各ポジションの呼び方が今回のクイズです。

ひし形の形で前の選手、両サイドの選手、後ろの選手、そしてキーパーとそれぞれに呼び方があります。

これはスクールでも伝えているので、答えられるスクール生は多いでしょうね。


折角AFCが開催されていたので、続いてのリクエストです。

フットサル日本代表の中で好きなフットサル選手を一人挙げてください。

その選手のポジションとどういうプレーが好きかまで言えたら完璧ですね。

YouTube等でカンニングしてもいいです。








あくまでスクール生とのコミュニケーションとスクール生のフットサルへの興味、

さらにスクール生どうしのコミュニケーションが目的です。



フットサルクイズに関係なく、質問や相談はいつでも受け付けます。

フットサルやサッカーとは違うことでもいいです。

即答できることは少ないかもしれませんが、

ちゃんと向き合って話します。






「フットサルクイズ①」の続きを読む