チーム

 
スクールに通うメリットはたくさんあります。



まず、チーム内外問わず複数の指導者に指導してもらうことにメリットがあります。

指導者によって価値観が違ったり、見る角度が違ったり、

同じテーマでも伝え方が違ったり、評価が違うからです。





チームでは時間的に難しいトレーニングを補うこともメリットです。

特にボールコントロールやテクニックがそれにあたります。

当スクールでは毎回ボールコントロールの練習を数分間実施します。

この数分間の積み重ねはとても大きいです。

またU-6クラスで年間20個程度、U-12クラスで年間50個程度の基本的なテクニックを覚えます。

テクニックとはフェイントやターンのテクニックです。

この中から選手たちは得意なテクニックを見出していきます。





たくさんの個人戦術やグループ戦術を学べることもメリットです。

チームではチーム戦術がベースにあるため、

チーム戦術が成立するための個人戦術やグループ戦術に特化する傾向があり、

チームでは教えてもらえないけど、将来必ず必要になる戦術をスクールで身につけることができるからです。





チームメイト以外の選手との交流もメリットです。

友達が増えるというメリットもありますが

色々なタイプの選手と対戦したりコミュニケーションをとれるメリットも大きいです。


また、スクールでは対外試合は基本的にないので、

競争や勝利至上主義の概念が全くなく、純粋にフットボールの楽しさを追求することができます。








一方、スクールでは難しい部分もあります。

戦う気持ちの部分や、チームワーク、より深い戦術への落とし込み、

チームの勝利への導き方などはスクールでは難しい部分です。


しかしそこをリンクすることでスクールの価値が高まると感じています。

そういうことを学ぶために2年前からある少年団に外部コーチとして関わらせていただいています。





ジュニアの試合を観戦してスクール生たちのプレーを見る機会が増え、

こういうことをスクールでやるべきだと感じて取り組むようになったこともあります。

いくつかありますが、例えば浮き球の処理の仕方を知らない選手がとても多いです。


また≪言語化≫がとても重要だと感じています。

当スクールでは『未来』『デュエル』『ペンギン』などの言葉を使って、局面でのプレーを伝えています。





チームに関わるようになって、本当にたくさんのことを学ばせていただいています。

まずチームを勝利に導くこと自体がとても面白いです。

勝てないのは100%指導者の力不足なので、

自分が勉強して指導力を上げるしか選手は上手くなりません。


選手が本来持っている力を発揮させることもとても重要だと感じています。

メンタルやちょっとした工夫で選手はずいぶん変わります。


選手が小さな成功体験を積み重ねることができて、

それが例えば得点や勝利につながった瞬間の選手たちの表情はたまらないですね。

常勝のチームより、勝てないチームを導くことの方が面白味があります。





選手の悩みや保護者様の不安なども直接聞かせていただけるようになり

指導者としてどのように指導にあたるべきかも学ばせていただいています。

例えば、チームでの練習メニューの説明や試合時のミーティングなどは

必ず保護者様の側で行ったり保護者様に聞こえるように意識しています。

指導者として何を考えているのか、何を目的としたトレーニングなのかを

保護者様にも見えるようにすべきだと感じているからです。





大変ありがたいことに、今年度はその少年団のU-11チームを任せていただくこととなりました。

スクール生が所属しているチームと対戦する機会も多いと思います。

ちなみに僕はスクール生かどうかに関わらず、相手チームのいいプレーも大きな声で称賛します。

学年が違っても試合会場でお会いする機会も多いと思います。

ぜひお気軽にお声かけください。








スクールでもチームでも最も大切なことはお子様たちの将来です。

たくさんの選手たちに関わらせていただけていることを感謝します。







オンラインセミナー

池上正さんのオンラインイベントに参加しました。



 

数年前にサカイクのコラムで池上さんのことを知りました。

知れば知るほど自分の価値観そのもので、自分が目指すべきところだと感じています。


今回は COACH UNITED の会員限定イベントでした。

事前アンケートで指導に関する質問や成功体験を挙げて、イベント当日に池上さんに直接答えていただくイベントです。








僕は普段スクールで実施しているフニーニョに関する成功体験と

関わっている少年団で段階的に選手を育成していくマネジメントについて質問させていただいていました。

そのどちらも採用されて、全国の指導者の皆様の前で池上さんと対話させていただきました。





フニーニョについては2対2の4ゴールドリブル通過の設定で

人数が少ないことで判断材料が少なく、

プレーの優先順位や幅を使うこと、2人の関係での展開を理解しやすいことをお話ししました。

この点は池上さんにも目的を設定したうえでいいトレーニングをされていると太鼓判を押していただけました。



段階的に選手を育成していくマネジメントについては

プレーモデルを作って共有したが浸透していないことを伝えたうえで

もっと密に各年代の指導者の方と話し合う機会を設けるべきだとアドバイスをいただきました。





他の参加者の方の質問も興味深かったです。

全国にはこんなに考えて指導されている指導者がいるんだと、とても勉強になるとともにワクワクしました。








このようなオンラインセミナーなどが増えたのはコロナの好影響の一つだと思います。

香川県にいるだけではなかなか得られない情報をたくさん得ることができます。

これからも学ぶことは続けて、選手たちに還元していきます。




テーマ

 
当スクールでは毎月テーマを設けてトレーニングしています。

選手の上達レベルを見て、

中には予想以上の効果があったテーマや

一方、改善が必要だったと感じるテーマがあります。





今月に関しては4年目にして始めて取り組むテーマでした。

一週目が終わった時点で思うように選手が上達してなく、

伝え方がまずいことを認識しました。



二週目からは視点を変えて、「ライン間」ということにフォーカスしました。

サッカーで言うギャップを狙うということです。

「ライン間」を使うだけでなく、「ライン間」を作ることも伝えました。



これが選手の頭にスッと入った感覚があります。

トレーニングメニューへの落とし込みもフィットして

オフザボールの動きが明らかに変わりました。


一週目で失敗だったかと感じた月間テーマでしたが

三週目には想定以上に選手たちの成長を感じるトレーニングになりました。


実際、4週目のゲームデイでは

選手たちの理解度の高さに感動を覚えるほどでした。





我々も日々勉強です。

1年目より2年目、2年目より3年目、

さらに言えば1週目より2週目、2週目より3週目、

もっと言えば昨日より今日、今日より明日、

クオリティを上げ続けられるよう精進します。





トップチーム 2020シーズンゴール集

 
四国フットサルリーグに所属している

プラセールフットサルクラブの今シーズンの公式戦が全て終了しました。



2020シーズンの全ての公式戦のゴール集を作成しました。

フットボールに必要な個人戦術やグループ戦術

スクールで常に言っているデュエルやポジティブ

パスで終わらない、最後まで関わるなど

スクールで練習していることが随所に表れています。



是非ご覧になってください。





プラセールフットサルスクール YouTube チャンネル ⇒ こちら



謹賀新年

 
新年明けましておめでとうございます!!

本年もよろしくお願いします。





2020年は何といっても「新型コロナウイルス」に振り回された一年でした。

さらに変異種が表れて、今もなお世界中を震撼させています。

日本でも新規感染者数が増え続け、不安は募るばかりです。


コロナ禍にも関わらず継続してくれているスクール生と

預けていただいている保護者様には感謝の気持ちでいっぱいです。


今後もできる限りの感染予防対策をして

我々にできることを工夫してやっていきます。





子どもたち一人ひとりの将来を考え

フットボールの楽しさを伝え

そのうえで上達させる

このスクール理念は変わりません。



本年も皆様が御健勝で御多幸でありますよう、心からお祈り申し上げます。