オフ・ザ・ボール

サッカーは90分の試合中、選手がボールに触わっている時間は2~3分と言われています。

それ以外の85分以上はボールに触っていないオフ・ザ・ボールの時間です。



フットサルの場合は、先日書いた記事をご参照ください。

フットサルでもオフ・ザ・ボールの時間の方が長いです。



つまりボールを持っていない時に何をできるかが重要になります。

自分が有利な状況でボールを受けるための動き。

ボールを保持している味方のプレッシャーを軽減する動き。

味方が使うスペースを作るための動き。

味方が作ったスペースを使う動き。



こういう動き方を覚えるにはフットサルはとても有効です。

フットサルの場合は人口密度が高く、ピッチ上ではプレーに関わらない時間がないので、

常に周りの状況を把握して判断するトレーニングとしても有効だと思います。