バーモントカップ


バーモントカップ県大会の予選リーグを観戦させていただきました。


観戦したのは数試合のみだったので、限定された試合の感想ですが、

ミニサッカーではないフットサルをしようとしているチームはほぼなかったです。

そこは否定的なものではなく、とてつもない可能性を感じます。



ここでいうフットサルの観点は

守備時のプレッシャーのかけ方、セットプレー、攻撃パターンの3点です。

全てのチームがフットサル専門チームではないので、

ローテーションとスペースの使い方までは時間を割けないと思います。


ただ、守備、セットプレー、攻撃パターンの3点さえおさえれば、

フィジカルに恵まれた選手のプレーを制限もしくは活かしたり、

テクニックが優れた選手の突破を制限もしくは活かしたり、

シンプルな連動でフィニッシュまでもっていけたり、

ミニサッカーとは違う部分で勝負することができます。



フットサルにはスペースを作る動き、

そしてそのスペース使う2人の関係での基本的な展開がいくつかあります。

それを知っているだけで2人の関係で崩せるようになります。


例えばワンツー。

ピヴォがスペースを作って、

アラのところでディフェンスをくいつかせて、

フィクソとアラのワンツーで裏をとる。

ワンツーにディフェンスが対応したらパラレラに変える。

パラレラに対応されたらピヴォ当てに変える。

アラへのプレッシャーがあまいなら逆サイドでジャグナウを狙う。


選択肢は複数あります。

一つ一つの動きはシンプルですが、スペースの認知と状況判断が必要です。

こういう動きとアイデアはサッカーにも非常に有効です。




FUTSAL EDGE の下記記事で問題提起されています。

「ドリブルオンリーにロングボール合戦……。日本フットサルを停滞させる「指導者不足」に解決策はあるか。」








個人的には久しぶりに会う知っている選手がたくさんいて嬉しかったです。

それにしても選手の技術は平均的に高いですね。


それと、素晴らしい選手が何人かいました。

それはたくさん点をとった選手やドリブル突破で目立っていた選手だけではないです。

スペースを認知して、タイミングを作ってそのスペースを自分が使う動きをしようとしたり、

もしくはそのスペースを味方に使わせる動きをしようとしていた選手です。

実際はバランスを取ったり、味方の選択肢を判断して自分のプレーを制限していたので、

ゲームの中ではあまり目立っていない選手でした。








僕は初めてフットサルに出会って、即席チームで公式戦に出場し、

県大会を突破したものの、四国大会で辛辣な経験をしました。

その経験がフットサルを本気で取り組むきっかけとなりました。

今からちょうど20年前の話です。


今回のバーモントカップから少しでもフットサルに興味を持ってくれる選手がいることを期待しています。




2018年6月度ゲームデイ


6月のゲームデイを開催しました。


6月のテーマは「コントロールオリエンタード」でした。

視野の確保と体の向き、

判断、

方向と強さを意識したタッチ、

をトレーニングしてきました。



ゲームデイでも素晴らしいタッチからのゴールがいくつもありました。

昨年もそうでしたが、

コントロールオリエンタードは目に見えて子どもの成長を感じるテーマです。








それではMVPの発表です。


火曜日 U-9クラス
たいち選手



まだフットボールを始めて5ヵ月。

一つ一つ丁寧にポイントを意識して取り組むので、

着々と上達してきています。

今回のMVP獲得が自信につながればいいですね。





火曜日 U-12クラス
はるや選手



ライン間を使うプレーとインターセプトがうまい選手です。

インターセプトからそのままゴールにつながるプレーもありました。

もっと楽しさや喜びを表現していいと思います。





水曜日 U-9クラス
とわ選手



コントロールオリエンタードがとても上手になりました。

1対1ではスペースを判断して、素晴らしい方向と強さのタッチでゴールを量産しました。





水曜日 U-12クラス
げんと選手

no image


自ら突破してゴールを決めるよりも

周りの選手を使うことに楽しさを感じている選手。

うまく味方のファーストタッチを誘導するパスをできていました。

写真は撮り忘れたので後日アップします。





木曜日 U-12クラス
れん選手



今回のコントロールオリエンタードで最も覚醒した選手の一人です。

以前からゴールへの意識が高い選手ですが、

ポジショニングと体の向き次第で

いかにプレーしやすいかを実感したと思います。








「コントロールオリエンタード」は子どもたちの成長を促すテーマだと改めて感じました。

今後もイベント等で実施したいと思います。


7月のテーマは「ピヴォ当て」です。

選手個々で得意なプレーがあるので、

次はどの選手がMVPをとるのか楽しみにしています。




2018年7月のテーマ

 
7月のテーマは「ピヴォ当て」を設定します。



ピヴォ当ては前線のピヴォにパスを入れて、

ピヴォがボールをキープしながら攻撃の起点となり、

アラやフィクソの選手が自分のマークを外してサポートに入ってシュートを打つ

フットサルの基本的な攻撃パターンの一つです。

ピヴォが反転してシュートを打つパターンもあります。


ピヴォにボールをキープされるのを嫌い、ディフェンスがタイトにマークをする場合は、

ピヴォがスペースを作って、そのスペースを使う戦術もうまれてきます。

強力なピヴォがいて、さらにピヴォ当てのうまいチームは必然的に攻撃の幅が広がります。





サッカーでは楔へのパスからの展開に似ています。

ピヴォのパスの受け方、体の使い方、プレーの選択肢の他に

アラやフィクソの選手のパスの方向の優先順位、パスの質、サポートの質など、

とてもサッカーに活きるテーマです。


正直、サッカー日本代表もピヴォ当てを練習すれば、

決定力が上がるのではないかと密かに思っています。





ピヴォは特殊なポジションなので、

今回はピヴォのプレーではなく、

ピヴォ当てのパスの質とサポートの質をトレーニングします。








7月は夏休みまるまる体験キャンペーンの対象期間です。

既にお申し込みをいただいているお子様もおられます。


サッカーをしていないお子様にとっても、

チームに所属しているお子様にとっても、

有意義な時間となるよう努力しますので、

是非この機会をご活用ください。





夏休みまるまる体験キャンペーンのご案内

 
今年も夏休みまるまる体験キャンペーンを実施します。

対象期間中に入会金なしの料金で、

ご希望コースの回数分の練習参加ができるキャンペーンです。



昨年は短期間でスキルアップを目指すお子様、

入会する前に複数回スクールを体験されてみたいお子様、

他の習い事の都合で通常スクールに通えないお子様、

帰省中のお子様などなどにご利用いただきました。





【対象】
一般のお子様 (スクール生以外)
  対象学年: 幼稚園(年少~年長)、小学生、中学生  

【内容】
プラセール・フットサル・スクールの通常スクールへ希望コース回数分の体験参加
夏休みまるまる体験後に9月入会されたスクール生にはプラセール・フットサル・スクール・オリジナルプラクティスシャツをプレゼントします。 
※ まるまる体験後の正規ご入会の場合は入会金(¥5,400)が必要となります

【期間】
2018年7月10(火)~8月30日(木)

【コース】
2回、4回、8回コースからお選びいただけます。 8回以上をご希望の場合は別途ご相談ください
期間中のスクール開催日の中で希望日を申込時に選択していただきます。別曜日も選択可能です。

【料金】
U-4クラス: 2回コース ¥2,160  4回コース ¥3,240  8回コース ¥4,320
U-6クラス: 2回コース ¥3,240  4回コース ¥5,400  8回コース ¥7,560
U-9クラス: 2回コース ¥3,780  4回コース ¥6,480  8回コース ¥9,720
U-12、U-15クラス: 2回コース ¥4,320  4回コース ¥7,560  8回コース ¥10,800

【申込方法】
件名を「夏休みまるまる体験」とし、本文に「お子様の氏名(よみがな)」「通学先」「学年」「所属チーム(なしも可)」「連絡先電話番号」「ご希望コース」「ご希望参加日」を明記のうえ、メールにてお申込みください。  
※ 各クラス定員数がございますので、早めにお申し込みください。

お申し込み先  info@placer-futsal.jp


【支払い方法】
初回参加時に現金にてお支払いください。

【スクールスケジュール】
HPのスケジュールをご確認ください。





夏休みまるまる体験キャンペーン


ファイルを開く

スポーツの家庭教師 「かけっこ」①

 
初めて「かけっこ」を担当させていただきました。


小学6年生の運動が好きではないシャイな男の子でしたが、

経験上、そのあたりの対応は問題なく、

初回からコミュニケーションはバッチリでした。





レッスンの内容は

 体のバランスを整えること

 体の使い方を身につけること

 走り方のコツを知ること

の3段階で組み立てました。



保護者様にも納得していただけるほど、

徐々に体の使い方に変化が表れました。

子どもでも大人でも、ほぼ全ての人に左右差があるのですが、

その微調整をするだけで、体は劇的に変わります。





その実例として。

毎回2回か3回ずつ30m走を計測しました。

初回
5"24

4回目最終
4"13


毎回計るたびに、ほんの少しずつ確実に速くなりました。

計り方はあるかもしれませんが、不正は皆無です。

初回と比べると1"11速くなりました。


30m走で1"11の短縮なので、

50m走だと約2秒の短縮になると思います。


小学6年生の50m走の平均タイムは8"78

確実に平均より速くなったと思います。


今回大変満足していただいて、

引き続き「ボール投げ」をご依頼いただきました。





スポーツの家庭教師 facebookページ ⇒ こちら

youtube ⇒ こちら