知識

 
選手たちは上手くなることに貪欲です。

簡単なところで言うと、当スクールではU-6で年間20個程度、U-9で年間40個程度、U-12で年間50個程度のテクニックを覚えます。一つ一つのテクニックのポイントや使う状況、成功率を上げる予備動作などもトレーニングします。毎回新しいテクニックのデモンストレーションを見る時は、選手たちのワクワク感がビンビン伝わってきます。



例えば5月に実施した浮き球のコントロールではチームに所属している選手たちの多くは浮き球を何とか処理します。しかし処理の仕方を知っている選手はとても少ないです。

まずボールの落下地点を見極めることを伝えます。これは経験値による部分も多いにあると思いますが、一つ目の大きな関門です。落下地点を見極められると、準備段階のポジショニングも変わってきます。

浮き球を処理するにはクッションコントロールとエッジコントロールの2つの方法があります。それぞれのポイントを伝え、さらにボールが低い時に処理することを伝えます。この時点で知識が整理され、チーム所属の有無に関わらず、殆どの選手がほぼ確実に処理できるようになります。

胸トラップとももトラップも正しいやり方でできる選手は多くはないです。ただ、ここも知識の問題で、腕の使い方やももの角度などを伝えると、大きく改善できます。

ヘディングについては現在色々と言われていますが、ルール改正がない限りは試合中にヘディングをする機会は減らないと思います。また、どちらにしろ小学生のうちに正しいヘディングの仕方を理解しておくことは必要だと思います。確かにヘディングの仕方を知らない選手が多いので、ジュニアサッカーリーグなどでヘディングを見て危ないと感じることもいくつかあります。



6月はレガッテ(突破のドリブル)をトレーニングしました。主にボールの持ち方と相手との角度の見極めがポイントになります。これはおそらく香川県では教えてもらっている選手は非常に少ないと思います。なのでレガッテをトレーニングすると殆どの選手が変わるし、数名の選手が激変します。当然技術的な改善もありますが、どのようなボールの持ち方をするのか、なぜ突破できるのかを理解するだけで選手は変わります。

過去にこのトレーニングをしてから、激変を超えてスペシャルになった選手が3名います。1名は6年生の時にナショナルトレセンまでいき、現在はジュニアユースのクラブチームで活躍しています。1名はサッカーの楽しさを見失っていた状態から県トレセンの主力として活躍して、現在は中学校の部活で活躍しています。1名は現在エリートクラスに在籍している選手で、彼のドリブルにはドンドン磨きがかかってきていて、逆サイドの状況も見ながら目の前の1対1で突破できる選手です。このレガッテのトレーニングが彼らを変えたと確信しています。



先日、ある少年団のチームクリニックでアーリークロスを練習しました。なぜアーリークロスが有効なのか、どこにどういうクロスを入れるのか、ニアとフォアにどう入るのかという練習でした。選手たちはアーリークロスという言葉を知らず、最初はクロスの質も低く、ゴール前への入り方も悪く、なかなかゴールを奪えない状態でした。しかし、新しいことを知り、水を得た魚のように生き生きと失敗を繰り返していました。当然工夫が生まれ、たまに成功(ゴール)体験をすることで、さらに楽しさが増すいいトレーニングになりました。





ジュニア世代の指導者として、新しい知識をドンドン伝えるということは重要だと感じています。なので日々勉強が欠かせません。


written by gonda




FIFAフットサルワールドカップ リトアニア2021

 
9月に開幕するFIFAフットサルワールドカップ リトアニア2021の組合せが決まりました。

JFAニュース.JP FIFAフットサルワールドカップ リトアニア2021 組み合わせ決定



日本はアンゴラ・スペイン・パラグアイと同組。フットサルFIFAランキングではスペインは1位、パラグアイは10位内、アンゴラは不明。厳しいグループに入ったように思います。まずは初戦のアンゴラ戦に点差をつけて勝って勢いにのり、予選グループを突破して、日本のフットサルを盛り上げるためにも、日本代表初のベスト8入りを期待しています。



ワールドカップのTV放送も期待しています。J SPORTSでフットサルワールドカップ2012のアーカイブが放送予定です。特にポルトガル戦はとても面白いです。ご覧になれる方はぜひご覧ください。

⇒ J SPORTS





補欠

 
大変ありがたいことに関わらせていただいている選手や保護者様だけでなく、HPやSNSを通じてご相談をいただくことがあります。ご相談いただくことは「補欠について」と「怪我のリカバリー」の内容が圧倒的に多いです。その中でも補欠については毎回心底悲しい気持ちになります。



昨年は補欠について大きなご相談を2件いただきました。個人情報がわかる部分は省いて、事実を書きます。

小4の秋からサッカーを始めて、現在6年生でジュニアサッカーはあと半年になります。チームでは補欠で、試合に行っても試合に出してもらえず、何もせずに帰ってくる状態で、親として何かしてあげたくて連絡しました。
技術はもちろんですが、まずは楽しむ心を育ててあげたいです。控え目な性格ですが、自信を持たせてあげたいです。(途中省略)
試合に出場できるようになるために、技術を身につけるためのプライベートレッスンをお願いしたいです。

 

この事実は心底悲しいことです。ご両親のご心労を想像すると胸が痛みます。お子様の気持ちを想像すると胸が張り裂けそうです。

僕からは「そういう状況はあってはならないことであること」「フットボールは楽しいものであること」「これから逆転がいくらでも起こること」「微力ながらフットボールの楽しさを改めて感じるお手伝いをさせていただけること」などをお伝えさせていただきました。

両親ともにサッカーに関しては無知で、今回思い切ってご相談することで、今までなかった価値に気づきました。気が付くことが遅かったことを後悔してもしきれません。もう少し早く相談させていただいていれば良かったと思います。

 

そうご回答をいただきました。

目の前の試合で勝利を目指すのは当然です。それはチーム全員の力で勝利を目指すべきです。ジュニア世代の指導者が伝えるべきなのは、そういう部分がまず大切だと考えています。なので、僕は全ての選手に試合の半分以上の時間の出場機会を与えるべきだと考えています。主役は選手だからです。選手は試合を楽しみにしているし、試合でこそ成長するからです。そして全ての試合が通過点だからです。

 




もう一つのご相談です。昨年度の全日本少年サッカー選手権後のご相談です。

全日は一回戦で敗退しました。他の選手たちと同じように頑張ってきましたが、6年生では息子だけ試合に出場させてもらえませんでした。スクールでは誉めていただいて自信を取り戻してきていましたが、息子はとても辛かった様子でもうサッカーは辞める、中学ではサッカーは続けないと言っています。

 

まずこの選手はある局面でとても上手な選手です。視野も広く賢い。技術もあってパスの質も高い。とても優しいという点がプレー面でマイナスだったとしても、それ以上の長所がある素晴らしい選手です。そこを見出してもらえず自信を持てていないことは不運だと思います。

この選手には手紙を書きました。僕自身が不毛なサッカー人生だったので辛い気持ちがよくわかること。フットボールは楽しむことが何より大切で、スクールではその楽しさを伝えていること。僕の価値観。その選手の好きな所とその選手への想いを書きました。

その後、チームをやめずに最後まで続けました。現在は部活でサッカーを続けています。



全日は全てのジュニアチームが目標としている大会だと思います。全日だから勝ちたい気持ちが強くなるのは理解できます。5年生を出すことも理解できます。しかし全ての6年生が想いを持って臨む大会でもあります。チャンスすら与えないのは間違っていると思います。2チーム出せば解決します。主役は選手です。全日も通過点でしかありません。



サッカーが大好きな全てのジュニア世代の選手たちがサッカーを楽しめることを切に願います。


written by gonda


プロセス

 
一つのプレーには「認知」→「判断」→「実行」のプロセスがあります。


県リーグなどの試合を観戦していると、あの選手はトレセンだとか県トレセンだという話が聞こえています。その選手のプレーを観ると、素晴らしいテクニックで相手をかわしたり、スピードで相手を突破したりと確かに「実行(技術)」の部分の能力が高いです。

ただ、あそこ見えていたのかな(認知)とか、別の選択肢の方がよかったんじゃないかな(判断)と感じるプレーもあります。当スクールはここをとても重要視しています。





フットボールを楽しむという大前提があるうえで、スクールには「実行(技術)」の部分を求められている場合が多いかと思います。「実行(技術)」のトレーニングはチーム活動では時間が足らない部分でもあるかと思います。中学校の部活やジュニアユースの指導者の話を伺うと、技術が何よりも大事という指導者の方もおられます。もちろん「実行(技術)」はとても重要です。

当スクールでは月ごとに毎回段階的にボールフィーリングのトレーニングを導入部分に取り入れています。10分程度のトレーニングですが、10分の積み重ねはとてつもなく大きいことを実感しています。また、毎回テクニックを練習します。U-6で年間20個程度、U-9で年間40個程度、U-12で年間50個程度を覚えてもらいます。テクニックを覚えるだけでなく、いかに有効に成功させるかというところまでトレーニングします。選手たちはその中で得意なものを見つけて自然に発揮するようになります。





当スクールでは「実行」だけでなく、「認知」と「判断」のトレーニングにも注力しています。例えばトレセン、県トレセンに選ばれている選手、さらにその先に進んだ選手もいますが、その選手たちには特に「認知」と「判断」を求めています。ジュニア時代は「実行(技術)」の部分が秀でて活躍していた選手が、中学や高校に進学した時に苦労する選手がいることを知っているからです。逆に「認知」と「判断」が良くて「実行」が伴っていない選手が、考えて工夫して、例えば体の向きを修正して成功体験をする選手はたくさんいます。こういう選手の成長スピードはとてつもなく早くなります。

そういう意味で≪逆転≫という現象を数多く見てきました。ジュニア時代は試合出場機会が少なかった選手が、中学や高校でレギュラーを勝ち取るケースがたくさんあります。ジュニア時代はチームのレギュラーとして活躍していた選手が、中学や高校で伸び悩むケースもたくさんあります。



本当にフットボールを楽しむために、「認知」「判断」「実行」のプロセスで何が大事かと言えば、全て大事です。ただ、「実行(技術)」に特化するのではなく、エラーが「認知」「判断」「実行」のどこに起こり、どう修正するか的確な引き出しを持っている指導者になるよう努力を続けたいと思います。


written by gonda




少年団

 
ご縁をいただいて、今年度はある少年団のU-11を任せていただいています。これは僕の息子がお世話になった少年団から外部コーチとしてお声かけいただいたことがきっかけでした。数年間アシスタントとしてお手伝いさせていただいてきましたが、アシスタントでは思うように貢献することが難しかったことと、少年団からメインのオファーをいただいたことで、メインで任せていただくこととなりました。社会人チームや香川県選抜チームの監督経験はありますが、ジュニアチームの監督は初めてです。


チームでは難しいけどスクールで伝えられること、チームだからこそ伝えられることがそれぞれあります。なので、スクールで選手を指導することと、チームで選手を指導することは共通する部分もありますが決定的に違う面白さがそれぞれにあります。

例えば、チームでは在籍している選手の個性などを活かすためにフォーメーションを決めて戦術を採用します。そのフォーメーションや戦術に関しては、理解度が深くなりプレーの質も高くなります。逆に、その戦術以外に関しては理解度が低いです。しかし進学した時や指導者が変わった時に戦術が変わることもあり、その知識がないことはディスアドバンテージになってしまいます。つまり基礎戦術は身につけておくべきです。
また、フットボールには様々な考え方の指導者がいます。ある指導者から見たら評価が低くても、ある指導者から見たら評価が高い場合もあります。価値観だけでなく、見方も違うし伝え方も違います。なので、多くの指導者から教わることで成長スピードが上がります。スクールを活用することで上達することは間違いありません。


チームではフットボールへの取り組み方や勝利のためのプロセスを伝えることができます。これはスクールでは少し難しい部分です。挨拶や荷物の整理整頓だけでなく、全てがプレーにつながることと、気づくことを伝えています。例えば字が雑な選手はここ一番のプレーも雑です。仲間が困っていることに気づいて手を差し伸べられる選手は試合中のサポートの質も高いです。気づくことができる選手は間違いなく成長が早いです。





前置きが長くなりましたが、最も大切なことは選手の将来です。選手の自立と自律を促し、選手がフットボールを楽しみながら上達させることが指導者の使命だと考えています。
チームを導くうえで負けてもいい試合はありません。目の前の試合は勝利を目指します。ただし、負けてはいけない試合も勝たなければならない試合もありません。全ては通過点です。なので、全ての選手を試合の半分は出します。選手は試合が大好きだし、試合経験を積むことで成長します。選手ができないとしたら指導者が教えられていないからです。

担当した学年は昨年度の県リーグは3部で4位でした。進級前のフットサルリーグは全敗で最下位でした。このチームを変えていくためにまず取り組んだことは雰囲気作りです。常にポジティブなコーチングをして、選手にもポジティブな声掛けを求めてきました。
3ヵ月が経ちましたが、今はチームメイトがエラーした時、失点した時、どんなミスにもネガティブな言葉はありません。なのでミスを怖がらずチャレンジするベースができました。

主役は選手です。保護者の皆様からは指導しやすいようにとても気を使っていただいています。少しでも気を緩めると、まるで自分が偉い立場になったかのように勘違いしてしまいます。なので飲料などの提供は一切いただかないと予め伝えています。また保護者様がサポートする対象も指導者ではなく選手です。


卒業する時の目標があります。これは毎年僕が設定しているものと同じです。それは「ご縁をいただいた選手がサッカーを続けること」です。スクールにはチームに所属していない選手も多くとても難しい目標ではありますが、昨年度は中学からサッカー部に入る選手がたくさんいて、過去最高記録となりました。

目標を達成できるように、選手の自立と自律を促し、選手がフットボールを楽しみながら上達できるよう全力を尽くします。


written by gonda