楽しむ

フットボールは楽しいものです。

フットボールをするうえで楽しむということが根本的な絶対条件だと思います。


特に園児、小学生年代の子供たちはフットボールが大好きです。

そこは大人がフォローし続けるべきことだと僕は思っています。





楽しさを感じる要素はたくさんあります。

ボールを蹴ること

上達の実感、成功体験

勝利

友達との関わり

コーチとの関わり

フットボールを楽しむために、今の経験やスキルは全く関係ないです。





プラセール・フットサル・スクールでは個々のレベルに合わせて指導させていただいています。

楽しむという点では上手にできるかそうではないかは関係ないし、

チームの戦い方に合う合わないもないし、

試合出場時間の長短もありません。



毎月のテーマと毎週のテクニックに沿って、子供たちのプレーや判断、チャレンジを誉めます。

なぜうまくいかなかったのか、どうすれば改善できるのかも問いかけます。

賛否両論あると思いますが、プレーや判断については誉めることの方が多いです。

なので、一人ひとりのプレーや判断を見逃さないように努力しています。



子どもは自分の鏡。

子どもができないとしたら、自分の力量不足です。

だから常に次はどんなメニューを組んでどう伝えるかを考えています。








話が変わりますが、

僕の好きなテレビ番組の一つに「奇跡のレッスン」という番組があります。

先日、何度か紹介しているミゲル・ロドリゴ氏のサッカー編が放送されました。

その前後にバスケットボール編が放送されました。



このバスケットボール編を見て、気づいたことがあります。

「誉める」では不十分で、「認める」ことが個を伸ばすことにつながる。



このバスケットボール編で対外試合の中で

挫けそうになっているある子供に対して

コーチが「君が必要なんだ」という言葉をかけていました。

こんな言葉をかけられたら、子供はどんな気持ちになるのでしょう。





バスケットボールはきっと楽しいと思います。

フットボールも絶対的に楽しいものです。




交流戦

トップチームの地域リーグ交流戦を開催しました。



ELBLANCO
個々のスキルとゴレイロの能力は四国リーグでも抜けています。
今期、四国リーグの優勝候補の1つだと僕はにらんでいるチームです。

LETIZIA
中国1部リーグ所属。
代表者は僕がフットサル界で最も信頼している人物の一人です。



この2チームを招待して、3チームでの交流戦を行いました。

リーグ開幕前のこの時期にこのレベルのチームと対戦できることは貴重です。

今回もいい勉強、いい経験をさせていただきました。

こういう横のつながりは今まで大切にしてきて良かったとつくづく思います。








会場はすぽっシュTOYOHAMAでした。

フットサルの公式サイズは20m×40mで、フットサルの公式戦で利用できる体育館は県内に2つしかありません。

その1つがすぽっシュTOYOHAMAです。

練習試合でもよく利用させていただいています。



今日、フロントに行った時に、対応してくれたスタッフが20年前に一緒に仕事をしていた友人でした。

何度も利用していたのに、こんなことってあるんですね。



そこでフットサルのイベントについて提案していただきました。

先方は大企業なのでまだまだ現実味はありませんが、もしかしたら面白い展開ができるかもしれません。



その際にはスクール生にも還元できるように企画させていただきます。





神戸遠征

トップチームの神戸遠征でした。



昨年から出場させていただいている第6回DIBERTO裏全国大会2017。

会場は神戸にあるアスコフットサルパークMAYA。


トップチームの神戸遠征でした。



昨年から出場させていただいている第6回DIBERTO裏全国大会2017。

会場は神戸にあるアスコフットサルパークMAYA。


兄弟でデウソン神戸で活躍されており、弟の脩選手は四国リーグ出身です。

兄弟で香川に来てもらってクリニックを開催していただいたこともあります。


そして、また香川に来てもらう約束もしてきました!

楽しみにしておいてくださいね。



アジア枠

2026年開催のワールドカップから出場国を従来の32ヶ国から48ヶ国に拡大することが決定しています。

アジア枠は現行の4.5ヶ国から8ヶ国に拡大される見込みのようです。



もしアジア枠が8ヶ国に決定したら、

形式は変わるはずですが、今開催されているアジア最終予選でいうと、

6チームずつのA、Bそれぞれのグループの上位4チームが出場できることになります。

さらにオセアニア枠が0.5から1になる見込みなので、

今回の予選でいうとオーストラリアがオセアニアに戻り、

残り11チーム中8チームが出場できることになります。



日本を含む上位国にとっては、ワールドカップ出場が確定的となるので嬉しい話です。

ただ、アジア予選は面白くなくなりますね・・・。



本戦では3ヶ国ずつの16グループに分けられ、上位2チームがトーナメントに進出。

そうなると日本の決勝トーナメント進出も期待できます。

そうなると盛り上がるのは間違いないです。








とはいえ約10年後の話。

今の小中学生が代表入りしている頃です。

久保選手がチームの中心になっているのでしょうか。

日本代表も世界のトップを狙えるくらいの力をつけていることを期待したいです。

香川県出身の選手が選出されている可能性もありますね。





2018 W杯アジア最終予選 第7戦

今日のタイ戦に勝ってW杯出場圏内をキープしました。

ボールの失い方が気になるところですが、勝点3取れてよかった。

4つのゴールも川島選手のPKストップもよかったですね。





対戦相手のタイは予選敗退が決まりましたが、

フットサルタイ代表はメキメキ力をつけてきています。

フットサルW杯では5大会連続出場、直近2大会連続でベスト16。

さらに、日本のフットサル界を大きく前進させてくれた

前フットサル日本代表のミゲル・ロドリゴ氏がタイ代表監督に就任したので、

日本にとって難敵になると思います。





話は戻って、日本代表は暫定首位。

次のアウェイでのイラク戦とホームでのオーストラリア戦で勝てば、

出場圏内の2位以内確定だと思います。


ホームでの敗戦から始まった最終予選でしたが、予選突破が見えてきました。

次のイラク戦も重要な一戦です。

日本の勝利を信じて応援しています。